町田メガネは治らない

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンタジーゾーンをこじらせすぎた一時間

<<   作成日時 : 2008/09/28 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ファンタジーゾーンを浴びるほど摂取した夜についてのレポートを。

SEGA AGES 2500シリーズ Vol.33 ファンタジーゾーン コンプリートコレクション
セガ
2008-09-11

ユーザレビュー:
連射つきで遊びやすさ ...
ゲーセン世代 FZ2 ...
作り手の情熱はおもし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



【SS|EX】
SS|EX(エスエス一エックス)という、とあるクラブイベントがあります。



オフィシャルサイト「http://ss-ex.net/」の「SS|EXとは、こんなイベントです」から引用すると


新旧アニメ・ゲーム楽曲に焦点を当てた『ヲタによるヲタのための』クラブイベント!!
様々なジャンルのヲタク達が、DJだったりmixだったりLiveだったりしながら
爆音に乗せて自らのヲタクを表現するイベントです。

レトロゲーからアニメソング、果ては電波ソングまでが入り乱れる空間で
新しくも懐かしい"アキハバラ"を演出します!! 現在進行形でバリバリのヲタな方も
「90年代こそ俺の青春!」というヲタの方もきっと新しい"何か"がみつかるハズ!!
クラブらしさとアキバらしさが入り混じる不思議な空間が、そこに待っています!


「ヲタ」という表現に少々自嘲的なものを感じますが、
私が過去に幾度か見てみたところでは、実に挑戦的で多様的な内容のイベントで
世に言うところの、なんらかのオタク的趣味・感覚を持っていれば
必ず面白いと思える時間があるのではないかと思います。
(逆に「今はフロアに居たくない……」という時間帯もあるかもしれません)

私は個人的に、アニメ等を元ネタにしてのパフォーマンスダンスイベントをいつも楽しみにしています。



今回、凄いなとタイムテーブルを見て感じたのが
「18:00-19:00 k-two(ファンタジーゾーン) 」
です。

「ファンタジーゾーンだけで一時間……だと……」
正直、最初はそう思いました。


【ファンタジーゾーンで一時間】
この時間のホスト役はk-two氏。プレステ2版のファンタジーゾーンのクレジットに
名前が載るほどの、コアでディープなファンタジーゾーン狂です。

7時間に及ぶイベントの、ラスト手前で始まったこのファンタジーゾーンのゾーン。
何が起こるんだ?という期待をこめながら、カウンターで酒を飲んでいました。





……凄い。

・バージョン違いも含めると70曲にもわたるファンタジーゾーン楽曲を用意
・過去歴代の、本人(k-two氏)によるプレイ動画
・「プレイ動画」→「アイテム購入画面」→「ボスラッシュ」→「ラスボスバトル」という構成の秀逸
・「こちらがマークスリー版のボスで」というアナウンスで「おぉー!」とどよめけるオーディエンスの質の高さ
・「わかる人は、歌詞があるんで歌ったりして下さい」等の、小粋で無茶なトーク



ファンタジーゾーンだけで高密度に一時間が面白く過ごせるとは……

ちなみに、僕はファンタジーゾーンは好きではありますがそんなに詳しくは無く
シーンごとに入る彼の解説の殆どがわかりません。

しかしそれがまた、シュールな面白さをかもし出していました。
テレビ番組の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」と同じ面白さを持っています。



「この音楽はX68000の隠し面で、スペースハリアーの……」
「ボスラッシュの背景には過去歴代のボスが映りこんでいて……」
などと音楽と映像を解説されるのですが、当惑するほど遠い世界です。
そんなハード・ソフト・プレイ内容を一気に言われても、知らないしわからない。



でも面白いエンターティメントとして、ちゃんと成立していました。
見事。


そして、もう一つ。
兎にも角にも、音楽も映像もファンタジーゾーンなので、素人には変化がそんなにわからない。

故に、サイケデリックな映像の効果とあいまって
音楽が少しずつ、繰り返しながら変化していくトランス感がありました。

期せずして、不思議なテクノ感も演出していた様です。


【好きなものは好きだを極める】
世間でいろいろな意味でとられるオタクという言葉、オタクな人々。

でも、本ケースの様に何かが好きで好きでたまらず、
猛烈な情報・人脈・物品を集めに集め、貯めに貯め。

そして、このように他者へのエンターティメントとして吐き出すことが出来る。


オタクとはこうでありたい。
何かが好きであるということを極めるとはこういうことなのだな。


様々な意味で感銘を受けた夜でした。


【おまけ】
店員の女の子が、注文した唐揚げにソースでハートマークを書いてくれました。



また、以前にアイスクリームデザートを頼んだ際は(そんなメニューはないのだが)
チョコレートで可愛い絵を描いてくれました。



会場となった秋葉原晩勤屋
http://www.bankinya.jp/

メイド喫茶では無い、普通に「良い居酒屋」なのですがノリも良い!
秋葉原で飲むならば、ここを推薦します。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファンタジーゾーンをこじらせすぎた一時間 町田メガネは治らない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる